2018年1月29日

弁護士紹介(入所順)

弁護士本田 陽一Youichi Honda

略歴

昭和50年 司法試験合格
昭和51年 中央大学法学部卒業
最高裁判所司法修習生採用(第30期)
昭和53年 千葉地方裁判所判事補
昭和56年 青森地方裁判所弘前支部判事補
昭和59年 東京地方裁判所判事補(破産・和議の専門部)
昭和62年 長野地方裁判所伊那支部判事補(支部長)
昭和63年 同支部判事(支部長)
平成2年 判事退官
弁護士登録(千葉県弁護士会)
平成5年 法律事務所羅針盤(旧)を千葉市中央区に開設
平成12年 事務所を東京都中央区京橋に移転
第一東京弁護士会に登録換え
平成15年 東京都中央区築地の晴海綜合法律事務所開設に参加
平成23年 千葉県弁護士会に登録換え
法律事務所羅針盤(現)を開設

取扱分野

  • 相続、事業承継
  • 企業倒産、企業再生
  • 借地関係法務

所属等

  • 千葉県弁護士会・同会京葉支部
  • 市川簡易裁判所調停委員
  • 千葉県弁護士会倒産法運用検討協議会委員
  • 日本ファイナンシャルプランナー協会(AFP)

著書・論文等

  • 「Q&A破産法の実務」(新日本法規出版)共著
  • 「破産・和議の理論と実務」(判例タイムズ社)共著
  • 「裁判実務大系第13巻(金銭貸借訴訟法)」(青林書院)共著
  • 「注解不動産法第2巻(建築請負)」(青林書院)共著
  • 「倒産法実務辞典」(金融財政事情研究会)共著
  • 「民事弁護と裁判実務第7巻(倒産)」(ぎょうせい)共著
  • 「現代裁判法大系第19巻(破産・和議)」(新日本法規出版)共著
  • 「保証契約の法律相談(第三版)」(青林書院)共著
  • 「担保の法律相談」(青林書院)共著
  • 「最新債権管理・回収実務Q&A(143問)」(季刊事業再生と債権管理116号)共著

弁護士本田 真郷Masato Honda

略歴

千葉県千葉市出身
千葉市立稲毛高等学校卒業
平成15年 慶應義塾法学部法律学科卒業
平成16年 司法試験合格
平成17年 最高裁判所司法修習生採用(第59期)
平成18年 弁護士登録(千葉県弁護士会)
千葉県市川市の弁護士法人リバーシティ法律事務所に入所
平成23年 法律事務所羅針盤開設に参加
平成29年 筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業法学専攻(税法コース)修了

主な取扱分野

  • 相続、遺言作成(遺言執行を含む)
  • 税務(税務訴訟を含む)
  • 事業再生、事業倒産
  • 事業承継
  • 中小企業法務

所属等

  • 千葉県弁護士会・同会京葉支部
  • 千葉県弁護士会高齢者・障害者支援センター委員
  • 租税訴訟学会会員
  • 全国倒産処理弁護士ネットワーク会員
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 千葉大学大学院専門法務研究科非常勤講師(エクスターンシップ担当)
  • 千葉県中小企業診断士協会(理事)

著書・論文等

  • 「遺産分割事件処理マニュアル」(新日本法規出版)共著
  • 「図解入門ビジネス最新事業承継の対策と進め方がよーくわかる本」(秀和システム)共著
  • 「事業承継入門~あなたの書店の継がせ方~」(書店経営ゼミナール314号、日本出版販売)共著
  • 「遺産分割事件の手続と書式」(新日本法規出版)共著
  • 「慰謝料算定の実務 第2版」(千葉県弁護士会編、ぎょうせい)共著
  • 「必要経費における直接性の意義」(修士論文)企業法研究の序曲Ⅵ(同友館刊)収録

その他活動

  • 平成21年7月「会社法務A2Z2009年8月号」(第一法規)に事業承継に関するインタビュー記事「相続トラブルを回避する目からウロコの円滑化法ガイド」が掲載。
  • 平成23年9月テレビ朝日スーパーJチャンネルにおいて人工衛星落下の法律問題についてコメント。

弁護士仙波 英躬Hidemi Senba

略歴

昭和42年 司法試験合格
昭和44年 一橋大学法学部卒業
最高裁判所司法修習生採用(第23期)
昭和46年 法務大臣官房訟務部付検事
その後、仙台法務局訟務部付検事を経て、
昭和48年 東京地方裁判所判事補
その後、静岡地方裁判所判事補を経て、
昭和56年 秋田地方裁判所判事
その後、浦和家庭裁判所判事、長野地方裁判所松本判事(支部長)を経て、
平成3年 千葉地方裁判所判事
その後、東京地方裁判所判事を経て、
平成8年 新潟地方裁判所上席部総括判事
平成12年 水戸地方裁判所上席部総括判事
平成17年 市川公証人合同役場公証人(千葉地方法務局所属)
平成29年 弁護士登録(千葉県弁護士会)
法律事務所羅針盤に参加

著書・論文等

  • 「遺言・信託・任意後見の実務第2版」(日本加除出版株式会社)共著
  • 他著書多数